RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
昭和の日とみどりの日

 今日は、みどりの日。
みどりの日はもともと昭和の天皇誕生日、
4月29日でした。
みどりの日は、昭和天皇が自然をこよなく愛し
「緑」にちなんだ名がふさわしいからと名付けられた祝日です。


やがて、昭和の天皇誕生日は「昭和の日」と名を改め、
みどりの日は5月4日とされました。


十年以上前のことでしたが、
縁あって、皇居を訪れることがありました。
普段、一般の者が入れるところではありません。
宮内庁の職員さんが吹上御苑を案内して下さいました。


そこは、とても静かで、
舗装された道を歩いているのですが
山の中を歩いているような心地でした。


東京の真ん中にこんな森が広がっているなんて
とても思えない場所でした。


聞けば、昭和天皇がこの森を大切にされ、
一切、人を入れないようにされたとか。


長年、人が手を加えない森。
今でもそのことが固く守られているのだそうだ。


風倒木があっても、かたづけずにそのまま。
倒れた木の肌は、苔生して、朽ちてもなお、森の一部として
生きているような・・・


今まで見たこともない、いや、屋久島やどこかの原生林を映した
写真で見たような、そんな景色でした。
今やそこは、珍しい植物や昆虫、野鳥の宝庫となっているとか。


「雑草という草はない。それぞれに名前がある。」
とおっしゃった昭和天皇。


昭和天皇の自然をおもう大御心、

みどりの日と聞くと、いつもこのことを思い出します。

author:伊勢部柿本神社, category:, 12:04
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:04
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。