RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
祓え清め

6月の大祓えの季節になりました。

 

梅雨に入ると、雨や風の日が多く、一晩明けると

 

境内は枯れ葉や枯れ枝が散乱します。雨が上がっていたら

 

せっせと掃除して、境内を元のきれいな状態に戻してゆきます。

 

新芽に生えかわった木々にとどまった古い葉が

 

枯れ葉となって、雨や風に洗われて落ちてくる。

 

梅雨が明けると鎮守の森はすっかりきれいになり、

 

今度は鳥や虫たちで賑やかになります。

 

神々による祓え清めは、そもそもこのような自然の営みを肌で感じていた

 

昔の人たちの信仰、あるいは哲学だったのではないかと感じています。

 

人が生きていく上で、知らず知らずに犯す罪やケガレ。

 

そうしたものが積み重なると神々は雨や風、時には嵐のように

 

災いや禍事でもってそれらを祓い除こうとされる。

 

人はその災いや苦しみや悲しみは、神々の思し召しなのだと謙虚に受け止め、

 

自らを見つめ直して、反省や忘れがちな感謝の心を思い出して立ち直ってゆくべきだ。

 

枯れ葉を拾い集めて、捨てることにより、元の姿に、元の姿よりも美しくなってゆくように。

 

つまり祓えは、清らかでありたいという人の心があってはじめて清められると言うことではないでしょうか。

 

そうして祓戸四柱の神々の御力によって罪やケガレは持ちさすらい失われる

 

神々がおこされる災いや禍事に触れる前に、人から神々に祓え清めを乞う

 

その儀式が大祓式ではないかと思うのです。

 

大祓式は、宮廷で天皇をはじめ百官の長たちが参列して行われていました。

 

国におこる様々な災いを避けるおもいで、治世をあずかる者たちが

 

罪やケガレを祓い除けるべきだと考えていたのだと思うのです。

 

ここで私が思うのは、祈りさえすれば救われるということでなく

 

神々の大きな力を畏れ恐こみ、おのれを顧みて、正しい行いをしているか、

 

素直な心を保てているか、反省すべきことがあれば反省し、

 

改善すべきことは改善する気持ちに切り替えることにより

 

はじめて、神々が祓い清めてくれるのだということです。

 

          大祓式の茅の輪 

  左、右、左と三度くぐることにより罪ケガレが祓われる

 

 

 

author:伊勢部柿本神社, category:, 11:57
comments(0), -, - -
かいなん夢風鈴を飾っています

暑い日がつづいています。

 

毎年行われてきたかいなん夢風鈴まつりは昨年で終了しました。

 

しかし、奉納された夢風鈴は今年も変わらず飾ることにしました。

 

鎮守の森の風に吹かれて涼やかな音色が境内をつつみます

 

是非お参り下さい。

 

 

お願い事を書いてつるすことも出来ます。

 

author:伊勢部柿本神社, category:, 16:57
comments(0), -, - -
ど根性花 元気に咲く!
 残暑お見舞い申し上げます。

かいなん夢風鈴まつりも終わり、
静かな毎日を送っています。

いつも氏子のOさんが奉納下さる
参集殿玄関前の鉢植えの花。

水やりで流れ出た水が、いつしか種を運び、

石畳と駐車場のアスファルトの間に、なんと・・・
 


花を咲かせました。

暑さに負けず元気に咲く花。
車に踏まれても立ち直ります。

そういえば、かつてアスファルトの間から
大根が出てきて、「ど根性!大根」
と名付けられ話題になりました。

このきれいな花に元気づけられる毎日です。
author:伊勢部柿本神社, category:, 16:56
comments(0), -, - -
夏祭大作り物完成!
 いよいよ、今日から夏祭。

今年の大作り物は「浦島太朗」

境内が、海底の竜宮城に様変わり。




乙姫様に見送られて竜宮城を去る浦島太朗

この大作り物は、大正時代からはじめられました。

娯楽の少ない当時、夏祭りの風物詩に、

歌舞伎の一場面や、風景、動物など

神社の境内だけでなく、商店や街角に

商店主や職人さんたちが、

作り物をつくり、技や派手さを競い合いました。

今では、神社だけとなりましたが、日方の町では

昔懐かしい、夏祭りの風景です。

明日は本祭。
午後6時から、神話紙芝居、
カラオケ大会、ぜに太鼓と
今年はじめて取り組む催し物が行われます。

夜店が出て、いっそう華やかになりますので、
是非、お参り下さい。
author:伊勢部柿本神社, category:, 19:03
comments(0), -, - -
祇園祭と七夕

今日、7月7日は当社の祇園祭です。
朝5:30からの祭典。
はじめようとしたら、いきなりサイレンが・・・
大雨洪水警報の発令です。

それにもめげず、祭典を執行。
今日授与するしめ縄をお祓いしました。

お天気の合間をぬって、
参拝に来てくださった方、
本当にありがたいです。

午後からは、すっかり天気が良くなりました。

今日は、七夕なので、
お家にかざった、笹を神社に納めるため、
親子づれの参拝者がチラホラ、

せっかくなので、本殿の前に飾ることにしました。





提灯の明かりがきれいなので

9時頃まで、参拝ができるようにします。

朝は祇園祭、夜は七夕といった習慣ができればなァ

と思う一日でした。

author:伊勢部柿本神社, category:, 18:51
comments(0), -, - -
祇園祭のしめ縄お知らせ
 みなさん、こんにちわ。
7月7日(土)は当社の祇園祭です。

早朝5時半に祭典を行い、
ご社頭で「しめ縄」を授与します。


祇園祭のしめ縄


しめ縄には「蘇民将来子孫者也」(そみんしょうらいのしそんのものなり)
と記したお札が取り付けてあります。

このしめ縄の由来である、スサノオノミコトと蘇民将来の
お話については神社HP 「祭典と行事」の
7月7日 祇園祭http://www.isebekakimotojinja.jp/ceremo-event.html
をご覧下さい。 

このしめ縄をお家の玄関などに飾りつけると

疫病を退散し、無病息災でいられます。
また、家内安全・子孫繁栄・延命長寿を
祈願しています。

author:伊勢部柿本神社, category:, 19:30
comments(0), -, - -
献燈飾りつけました
 みなさん、こんにちわ。
6月30日の大祓から7月11日の夏祭の間、
氏子や崇敬者の皆様からご奉納いただいた
紙灯籠と筒提灯を飾りつけます。




夜に点灯すると、とてもキレイです。

7月11日の夏祭は、夜店もあって
にぎわいます。

午後6時から神話紙芝居「国生み」があります。
午後6時半からは奉納カラオケ大会、
午後8時から日方獅子舞の奉納がありますので

是非ご参拝下さい。
author:伊勢部柿本神社, category:, 19:10
comments(0), -, - -