RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
伊勢部柿本神社の節分祭
「鬼はそと、福はうち」

2月3日は豆まきの日。家の邪気をはらい、福神を家に呼び寄せます。

この日になると、テレビのニュースなどで

有名人が参加した豆まき行事が紹介されます。

当社にも、豆まきの行事は無いのですか? とよく尋ねられます。

柿本神社の氏子地域では、神社で豆をまくのではなくて

氏子の皆さんが、年の数の豆をお供えいただくんですよと

答えると、なにやら不思議そうな顔をされます。

でも、これが古くからの習わしなんです。

その訳はこんなことではないかと思います。

家々で豆まき行事が行われます。豆まきは家の聶院覆よはらえ)行事とおなじです。
 
聶厩垰ですから、豆をまく人に霊力(ちから)が備わらなければなりません。

なので、豆の一部を神さまにお供えし、お参りをして霊力を授かります。
 
供える豆の量は、家族みんなの年の数だけ、

そして、家でも豆まきの後に年の数の豆をいただきます。

節分の豆を食べると一年間、無病息災でいられると言われます。

もちろん、豆をまくと、家内安全、そして景気よく豆をまくことで福を招き寄せます。

最近では恵方巻きと言って、巻き寿司をまるかじりする習慣も定着しました。

いずれにしても、まず神さまにお参りして、家で楽しむ行事としていただきたいものです。
author:伊勢部柿本神社, category:, 11:16
comments(0), -, - -
七五三まいり、碁盤の儀
七五三をお迎えお子さまが

いらっしゃるお父さん、お母さん。

家族の思い出となる七五三まいりをしませんか。



七五三は三歳を迎えた男の子、女の子

五歳を迎えた男の子、七歳を迎えた女の子が

これまで成長してきた姿を氏神さまに

見ていただき、これまでの感謝と

これからも健康で大きく成長できますようにと、

お祈りする宮参りです。

晴れ着を着て、家族そろっての記念写真。

一生の思い出になります。

当社では、七五三のお祝いに

碁盤の儀(ごばんのぎ)を行っています。

宮中や武家の七五三の儀式で、

お子さまが碁盤の上に乗り、

勢いよく飛び降ります。

碁盤を世界に見立て、その上に立つことで

一人前に成長し自立することと

飛び降りる勢いで人生や勝負の運が

開くように願いを込めて行います。



洋服でも大丈夫です。

碁盤の上に立ったお子さまの姿は、

とてもかわいらしく、絵になります。

たくさん写真を撮ってあげて下さい。

その他にも、お茶室でお抹茶をいっぷく。

庭を見ながら、家族みんなでお子さまを

お祝いしてあげて下さい。

 
author:伊勢部柿本神社, category:, 09:52
comments(0), -, - -
えんむすび守を紹介します

当社のえんむすび守を紹介します。




このお守り袋の中には、

ご神木「なぎの木」の実が入っています。

なぎの木は雄株と雌株があり、

当社のご神木は雌株なんです。

雄株は境内に数本生えていますが、

ご神木とは離れたところにあります。

なのに、決まった時期に授粉し、

たわわに実を成らします。

遠く離れたところにいても

実を結ぶことにちなんで

縁結びの御利益があるとされいます。

巾着型の袋には、

実をつけたなぎの葉が刺繍されています。


 

遠距離恋愛中のあなた、

まだ見ぬ運命の人との出会いを待つあなた、

片思い中のあなた、

このお守りに、いろいろな想いをよせて、

幸せをつかんでください。

 

author:伊勢部柿本神社, category:新着情報, 13:34
comments(0), -, - -
伊勢神宮 式年遷宮遷御の儀 奉拝記
平成25年10月1日。この日から6日まで、

伊勢神宮の内宮と外宮で

式年遷宮のクライマックスである

遷宮祭(川原大祓 遷御の儀 奉幣の儀)が

執り行なわれました。


私は、旧職員として奉仕すべく、

伊勢に向いました。

なつかしい仲間たちとの再会。

そして、二十年前に奉仕した

ご遷宮の体験を思い起こしつつ、


再びお仕えできるよろこびと、

重責を担う緊張感につつまれた

充実した六日間でした。




特に、10月2日の内宮、遷御の儀は、

ご正宮、板垣内の奉拝席で

貴賓係の一員として

奉拝することが出来ました。



午後6時頃、夕闇につつまれた

奉拝席に着席。

ここでは、誰ひとり私語を言う

人がなく、暗闇の中で

御垣内に焚かれた庭燎の

明かりだけが ぼんやりと

浮かんで見えていました。

コオロギなどの秋虫の鳴き声と

時折、シカやムササビの

声が聞こえてくる静寂の中、

わたしは、疲れた身体を

椅子にもてれかけさせていました。



やがて、遙か遠くから太鼓の音が

こだまして聞こえてきました。

これは、祭員が参進したことを

知らせる合図で、

やがて、浅沓(あさぐつ)が

玉砂利を踏みしめる

「ザッ 
ザッ ザッ」

という
音がこだまして聞こえて

きました。

   いよいよはじまった。

行列の音は玉串行事所あたりで

止まり、行事の間、玉砂利を

踏む足音だけが

かすかに聞こえてきます。



ずいぶんと時が流れたように

思いました。

やがて、浅沓で石段を上がる

「カターン 
カターン」という音。
 
ようやく諸員が両手に太玉串をもち、

威儀を正して参入してきます。

私たちはそれを起立、低頭して迎えました。



つづいて、御垣内で玉串行事。

しかし、暗くてよく見えません。



やがて諸員は内院へと参入してゆきました。



奉拝席はただただ沈黙、全くの暗闇と

静寂でした。

 ふと、気がつくと強い風が吹ています。

奉拝席にわずかに吹き込むのですが、

強い風は上空を舞っています。


見上げると
鬱蒼とした神杉が

ザーッ ザーと音をたてて

ゆっくりと大きく揺れています。


ふと、時計に目をやると時刻は7時20分。

ここに座ってから、一時間半も経過しています。


そして、この大風、台風の影響かと

思いかけましたが、

   いや、これは違う・・・ 

急に大祓詞(おおはらえのことば)の一節が

頭に浮かびました。


 「事問いし、磐根樹根立(いわねきねたち)

  草の片葉(かきは)をも語(こと)止めて、

  天(あめ)の磐座(いわくら)放ち、

  天の八重雲(やえくも)を

  伊頭(いず)の千別(ちわ)きに千別きて、

  天降(あまくだ)し依さし奉りき」


神話にある天孫降臨(てんそんこうりん)

の一節です。

  八咫御鏡(やたのみかがみ)を奉じた神々が、

  いよいよ この国に降臨するとき、
 
  ざわついていた草や木も 

  ついに静かに息をひそめ

  そのときを待った  

そんな情景をあらわしています。



この時刻は、まさに正殿の御扉が開け放たれ、

遷御の御列を整えるため、召し立ての真っ最中。

午後8時の出御をひかえた、

緊張の高まる時刻です。

   
 ひょっとすると今吹き荒れているこの風は

   出御の頃には止むのかも知れない・・・。

 
そんなことを考えながら、

風の音を聞いていました。


それからどれくらい時間が経ったのか、

気がつくと、風がすっかり止み、

あたりは再び、虫の声だけがひびく

元の静寂の闇に戻っていました。


すると、しばらくして

 「カケコー 
カケコー」と

鶏鳴三声が 聞こえてきました。

甲高いまさに 朝の鶏の第一声を

思わせる声です。

そして、神楽歌(かぐらうた)と雅楽の調べが

聞こえはじめました。


  いよいよ出御したのだ。


やがて御列が姿を現しました。


いつのまにか内玉垣南御門をくぐって、

前陣の列が 松明の明かりを先頭に

ゆっくりと進んでいます。


 時折「オー、オー」と

警蹕(けいひつ)の声が聞こえてきます。


私たちは起立、低頭して、

絹で覆われた御列が 

ゆっくりと通り過ぎるのを見送りました。



 感動が お腹の底からこみ上げてきました。



まるで、天の岩戸開きの神話の世界に

 ここにいる全員がタイムスリップでもして、

     迷い込んだような気分です。


常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)を鳴かせて、

賑やかに神楽歌を奏でる。


そして大御神が再び姿を現し、

          世界は明るさを取り戻す。



あの天の岩屋戸の神話の世界を再現し、

  遷御の儀を行う。

今から1300年ものむかしの宮人たちが

この儀式を考え、天皇の勅裁をうけ

最初の御遷宮を果たしたのです。



そして1300年もの時を経た

現代においても

その儀式は忠実に営まれ、

私たちは、神代の時代に誘われ、

いま それを目の当たりにしている。

 たずさわっているのは、今の人たち。

 みな、私の知る人ばかりである。

だけれども、これを見せてくれているのは、

1300年前に活躍した宮人たちなんだ。


そう思うと、太古の日本人と、

      つながれたような気持ち。


遠い 遠い 祖先の霊と一体になれたかの

ような気がして、



  なんとすごいことなんだろう。



これが、日本民族のすばらしさなんだ。

こんなことを大切に守り伝えることの出来る

民族は世界 広しと言えでも、日本人しかいない。


 日本人だからこそ、守りつたえる事が

           出来たできたのだ。


そのことに気がつくと、体が震え、

感動がこみ上げてきました。

雅楽の調べと、

時折 身震いする程威厳のこもった


警蹕の声を聞きながら、

目頭があつくなりました。


御列を最後まで見送り、私たちも 

その後ろに続きました。

石階を降りると、報道のカメラと、

大勢の奉拝者が目に入りました。

皆立って御列を見送っています。

その前を私たちも進みました。



新宮に着き、板垣内の

奉拝席に座わりました。

相変わらずの 虫の声と静寂。

ご神体と共に、ご神宝類が正殿に

納められるまでしばらく時間が

かかるはずです。


ずいぶん経ってから、御扉が閉まる

際の雅楽の調べが聞こえてきました。


いつの頃からか、また風が吹いています。


  とうとう入御したのだ。


全ての儀式が終わるまで、ふたたび、じっと

していました。


諸員が退下したのが、9時20分頃だったと

思います。

約三時間半、庭燎の薄明かりだけがたよりの

暗闇の中で じっと、誰とも話すこともなく

奉拝していました。


今思うと、とても長い時間でしたが、

大御神さまの神気にふれることができた、

貴重な体験でした。


前回の遷御の儀では、

かすかな微風が

新宮にむけて吹いており、

入御したら、今度は新宮から外に向って

かすかな微風が吹いていたという

奉仕体験談を聞いたことがあります。


今回は、騒がしい程、上空で吹き荒れてた

風が止んで出御を迎えた。


また、後日に参道沿いで奉拝していた人たちから

遷御の列と共に、一陣の風が

吹き抜け、とても感動したという話しを聞きました。



  「神風の伊勢の国」

     神風は伊勢の枕詞です。



二十年に一度、遷御の儀では

  大御神さまを迎えるときに、

  天の岩屋戸開きの神話を

  再現する儀式を行う。


そしてまた、神聖な八咫の鏡が

私たちの前に現れるとき、

天孫降臨の神話さながら、

このような、不思議な現象がおこるなんて・・・。


遷御の儀のすばらしさを本当に実感する

貴重な体験でした。


自分はとても幸わせ者であり、

このことのすばらしさを世に伝える使命を

与えられたような

そんな気がしています。

 
author:伊勢部柿本神社, category:神社めぐり, 18:22
comments(0), -, - -
もち花づくり

今日は敬神婦人会の皆さんがあつまって、


秋祭りのもち花づくりをしました。




みこし行列の道中、出迎えてくれた人たちに わたす縁起物です。


もち花は地方によって色々いわれがありますが、


その年の豊作をお祝いするものだと思います。


当社の場合、竹ひごに、折り紙で作った花と


餅に見立てた綿をかざり、もち花としています。





こうして、多くの人がたずさわり、祭の準備が


ととのえられていきます。


秋祭は10月12日(土)が宵宮、


13日(日)が本祭。


良い天気に恵まれますように・・・。

author:伊勢部柿本神社, category:, 16:51
comments(0), -, - -
秋祭準備役員会

 9月17日(火)午後7時半、いよいよ秋祭に向けての

役員会の開催です。責任役員・奉賛会・敬神婦人会・

日方農業組合年番・消防団代表者,

30数名の方にお集まりいただきました。

まずは、祭典協賛金のお願いについて。

奉賛会の地区役員さん等がこれを担ってくれます。

有難いことです。おかげで、神社のお祭はこの協賛金で全て行うことが出来ます。

御礼にタオルをお渡しし、昨年同様のご協力をお願いします。


そして、まつりの打合せ。準備の日取りと、手伝いの参加者を募ります。

役員の高齢化が心配されますが、皆さん この時ばかりは、と

張り切ってくれます。本当に有難いことです。

最近では、町内会の役員さんのなり手をさがすのにも苦労するとか。

地域のお世話をするのは、お年寄りばかりで残念です。

50・60歳代の方には、地域貢献だと思って、

いろんな行事や役目に手助けいただきたいものです。

秋祭は宵宮が10月12日、本祭が同13日です。

神輿の担ぎ手が少ないと祭は盛り上がりません。

少しずつ参加者は増えているのですが、充分とは言えません。

これから一ヶ月弱、気の抜けない日がつづきます、

でも、今日会議に参加してくれた役員の皆さんから

元気をもらったような気がします。

本当にありがとうございました。

 

author:伊勢部柿本神社, category:, 14:36
comments(0), -, - -
敬老祭を斎行しました。

9月15日(日)10:00 敬老祭を執り行いました。

今年の敬老の日は ハッピーマンデー制により、

明日16日(月)なのですが、

神社では元々の敬老の日である9月15日におまつりを行っています。

敬老の日は昭和22年に提唱された「としよりの日」が始まりです。

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、

農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定めて、

各地で敬老会を開いていたのが最初だそうです。

今年は台風の影響で雨でしたが、それにもかかわらず

大勢のお年寄り方が約50名お集まりいただきました。

そこで、10分程、恒例となりました神道講演を行います。

今年は、「中今(なかいま)を生きる」と題してお話ししました。

「中今」とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、

実は、古くからの日本人の人生観です。

古典にもたびたび登場する言葉です。

「ナカ イマを生きる」ですから、言い替えれば「今、途中を生きています」という意味になります。

「中」ですから、それには「前」と「後」があるわけです。

「前」とは、私たちの親やご先祖様のことをさしています。

そして「後」は私たちの子や孫たちのことです。


誰にでもご先祖さまがあります。

突然この世に生まれた人なんているわけがありません。

ご先祖さまがあるからこそ今の自分がある。

そして子孫へとつながってゆく。

これが続いてゆく限り、その一族は永遠に続いてゆきます。


これを日本民族全体で考えますと、

遠いとおい、昔から現代まで、連綿と命が続いてきている。

命と共に文化や技術、考え方が習慣として今日に伝わってきている。

そして、それらを、先祖たちがしてきたように、

私たちも後世に受け継が無ければならないという使命がある・・・

と考えることが「中今を生きる」の考え方なんです。


これから先も永遠に続き、そして栄えててゆくべき子孫たちに、

何かを伝えてゆく使命を持って生きてゆこう、

後世の礎になるよう、恥じることのない生き方をしようというのが

「中今を生きる」という考え方なんです。

このことを、お伊勢さんの式年遷宮の話しなどを交えて

話させていただきました。

私たち若い世代は、年老いたみなさんが活躍している姿を見ております。

三十代、四十代、五十代の人たちは、お年寄りを見習って、その後に

つづかなくてはなりません。

世代間の縦のつながりと、そして、地域間の横のつながりがを大切にしていけば、

どんな苦しい時代でも明るい社会が築いていけると思います。

お年寄りのみなさん。どうか元気でいてください。

そして、いつまでも私たちの道しるべであっていただきたいと思います。

author:伊勢部柿本神社, category:, 14:22
comments(0), -, - -
お伊勢さんのお白石持ち行事に参加します
 明日、24日(土)、25日(日)伊勢神宮のお白石持ち行事に

参加します。明日は内宮、外宮の正式参拝と二見興玉神社での

浜参宮です。浜参宮は、お白石持ち行事に奉仕する者が

清めのお祓いを受ける行事です。

そして、明後日、いよいよ外宮のお白石持ち行事です。

真新しい正殿が坐す内院と呼ばれる御垣内は、特に神聖な

区域で、そこには真っ白い石が一面に敷き詰められます。

その白い石を運び、敷き詰める行事がお白石持ち行事なのです。

これは、真新しい正殿を間近に拝することができる唯一の機会で、

参加者は伊勢市に住む神領民のみなさんと、神社関係者に

限られます。この、二十年に一度の貴重な機会に、

氏子、崇敬者約80名を連れて参加します。

ただ、お天気だけが心配です。長い間、好天の暑い日がつづきましたから、

とうとう、25日には曇り時々雨の予報が・・・。

なんとかふられずに、御奉仕させていただきたいものです。
author:伊勢部柿本神社, category:神社めぐり, 15:44
comments(0), -, - -
難関突破の仕事守

当社のお守をご紹介します。


仕事守(しごとまもり)です。


正面には、登龍門の伝説になぞらえて、鯉の瀧のぼりを描いています。


「流れの急な龍門という河を登りきった鯉は霊力が宿り変じて龍になる」


という伝説に因んでいます。


このお守には、三つの願いを込めております。


ひとつは、難関突破。


仕事には難関、つまり登龍門がつき物です。


これらを、つぎつぎと突破して、出世を果たして下さい。


そのひそやかな願いを、お財布や手帳等に忍ばせるよう、


吊り紐のないカード型になっています。



もうひとつは、就職・資格試験突破。


就職難の時代と言われ久しいですが、


就活もスキルアップの資格取得も登龍門。


見事突破して夢をつかんで頂きたいと思います。



そしてもうひとつは、職場環境の安泰。


仕事がうまくいくには、何よりも


あなたの身のまわりの職場環境が大切です。


鯉も普段は穏やかな流れの中で群れをなして生きています。


いつまでも、穏やかであるよう願いが込められています。


しかし、一旦、緩急あれば、瀧のぼりを見事成し遂げる


力を兼ね備えた人であってください。


お守を持つということは、すべてを神頼みにするということではありません。


お守は自分の決意を神さまに誓って、


身につけるものなのです。


そうすれば、ご加護とお導きが得られます。

 

 

 

author:伊勢部柿本神社, category:新着情報, 15:52
comments(0), -, - -
NHKで紹介されました。
 8月1日から15日までの間、

海南の十所の神社と物産観光センター「かいぶつくん」

と紀州漆器伝統産業会館「うるわし館」をスタンプラリーで巡る

かいなん夢風鈴まつりをやってます。

このことを、紹介するNHKの番組が二つ放送されました。

昨日、10日午後6:10から和歌山県ローカルの「あすのWA」

約5分間でしたが、生中継で放映いただきました。

そして、今朝7:30からの関西圏放映「ウィークエンド関西」






こちらも生中継で放送いただきました。

上の写真は、「うるわし館」でやっている、

蒔絵風鈴つくりの実演と夢風鈴休憩所です。

NHKの辻 智太郎アナにくわしく紹介いただきました。

スタンプラリーははじめての方や土地勘のない方でも

短時間で廻れるように五カ所の神社と「かいぶつくん」「うるわし館」

を巡るドキドキコースとワクワクコースを設定しています。

どちらか完走で夢風鈴があたる抽選に参加できます。

2コース制覇なら、当選確率がアップした抽選に参加できますので、

是非ラリーに参加して下さい。

また、夢風鈴を手に入れたい方は、「かいぶつくん」「うるわし館」で3000円ご協賛下さい。

夢風鈴ガチャガチャで、夢風鈴かさらにグレードアップした蒔絵夢風鈴があたります。


author:伊勢部柿本神社, category:新着情報, 15:56
comments(0), -, - -